君に罪はない。

そう。

ぼくが悪いんだ。

収穫し忘れたぼくが・・・・。


そう。

瞬く間に彼は

しゃっきりみずみずしい

おいしさを超え、

食べづらい

荒々しい男になっていくのでした。

e0145550_2041526.jpg



もはや、手に負えない彼を、

豪鬼!

と名づけた。

やっぱ、ほどほどな大きさが一番一番。
[PR]
by xyzchsr | 2008-08-05 20:43 | 植物

農家 たくちゃん2の戯言日記 南房総からのつぶやきをどうぞ


by xyzchsr